日米協力を進める会合をワシントンで開催

日米協力を進める会合をワシントンで開催

  国際リニアコライダー(ILC) は、その名のとおり国際協力で行うことが必須となる大型科学プロジェクトです。その実現に向けた日米協力が大きく展開しています。

 2 月11 日(木)、米国ワシントンDC の米国議会下院議員会館で、第一回日米議員先端科学技術フォーラムが開催されました。日本側からは、リニアコライダー国際研究所建設推進議員連盟の塩谷立幹事長、鈴木俊一副会長、事務局次長の大塚拓氏、岸輝雄外務省科学技術顧問、文部科学省の生川浩史大臣官房審議官のほか、研究者、産業界、自治体関係者等約50 名が参加しました。日本側からは3名の議員からの発表に加え、河村建夫議連会長、中曽根弘文日米議連会長、小坂憲次副会長のメッセージが読み上げられました。当日はあいにく米国議会の投票が長引いたため、予定していた米国議員4名がフォーラムへ参加できなかったものの、ジャパン・コーカス(米国下院議会における米日議連)の共同議長である、チャールズ・ブースタニ、ホアキン・カストロ両下院議員からフォーラムの重要性を確認するメッセージが寄せられ、参加両国の議員がフォーラムを継続的に開き、加速器を含む先端科学技術での日米協力を進めていく方針が示されました。フォーラム開始前には、米国議会日本研究グループの共同議長である、ダイアナ・ディゲット、ビリー・ロング両下院議員との面談が行われ、日米両国の科学技術に関する協力の重要性とフォーラムの継続開催が確認されました。

 翌12 日には、米シンクタンクのハドソン研究所において、日本の国会議員、日米の政府関係者と研究者、産業界の代表らによって、ILC に関する日米協力に関する議論が行われました(写真)。米エネルギー省(DOE)パトワ氏からは「米国はILC を共に作りたいと期待している」との発言があり、そのためには、マネジメントの検討が重要であるとの認識が示されました。また、議論の中で、ILC の実現のためには、ILC の波及効果の検討と国民の理解が必要との見解が示されました。

 議員一行は、同日、マーク・カーク上院議員とも会談。カーク議員は、フェルミ国立加速器研究所が立地するイリノイ州の代表であることから、素粒子分野に対する造詣も深く、フェルミ研究所の予算増額等にも力を発揮してきた有力議員です。さらに、昨年12 月に就任したばかりのDOE のチェリー・マレー科学局長、ジム・シーグリスト部長(素粒子物理担当主任)らとも会談。宇宙開発、核融合、スパコン、加速器の4分野における大型国際計画での日米協力を連携して進めることが確認されました。ILC に関する議論では、プロジェクト・マネジメント、コストとその低減の可能性、波及効果等の議論を行うことが重要との共通認識に至り、ディスカッショングループの設置が米国側から提案されました。

 このディスカッション・グループ設置について、3月4日(金)に東京で行われたリニアコライダー国際研究所建設推進議員連盟の総会で、文部科学省の戸谷文部科学審議官は「DOE とは緊密に協議をしていきたい。具体的な進め方については、今後DOE とよく相談しながら進めていく。米国への担当官の派遣を予定している」として、ILC 計画に向けても体制を強化して適切に対応するとの考えを示しました。

 塩谷議員は総会で、今回の訪米の成果として、1) 日米の議員によるフォーラムの開催実現、2)DOE チェリー・マレー局長との会談、3)米国の有力議員のILC に対する理解増進の3点を挙げ、特に、ILCの推進に対して非常に協力的であるカーク上院議員と、DOE の今後一層の協力を期待したいと述べました。鈴木議員は「ILC プロジェクトから出てくる成果は人類で共有することから、国際プロジェクトでやるしかない。それに向けて、まずは日米で枠組みを固めるということが大切。今回の会合は、その日米の枠組みを固めることにおいて大変に効果があった」とまとめました。大塚議員は、日米同盟の重要性と最先端科学と基幹技術の国際協力の枠組みの観点から発言。「技術開発を行う米国の仕組みが理解できた。両国の協力を進めてコアを作ることは大きな意義がある」と述べました。

 次回の日米議員先端科学技術フォーラムは、日本で開催される予定です。





特 集

加速される電子加速されるよう電子

ILCでわかること第3回 新粒子、発見!

見えない粒子をILC で見つけよう!

宇宙にいっぱいあるのに 見えない、ダークマター!

物理学を変える 新しい粒子を探そう



トピックス

ICFA の記者会見を東京で開催

ヨアキム・ムニック氏(ICFA 委員長) ナイジェル・ロッキアー氏(米Fermilab 所長) ファビオラ・ジャノッティ氏(CERN 所長 山内正則氏(KEK 機構長)

記者会見を行うICFA のメンバーら。左からヨアキム・ムニック氏(ICFA 委員長)、ナイジェル・ロッキアー氏 (米Fermilab 所長)、ファビオラ・ジャノッティ氏(CERN 所長)、山内正則氏(KEK 機構長)

  2 月26 日(金)、世界の素粒子物理研究所の所長等で構成される「将来加速器国際委員会 (ICFA)」の主要委員による記者会見が、東京で行われました。会見の中で、ヨアキム・ムニック委員長(ドイツ電子シンクロトロン研究所)は、ILC の実現にむけ、専門の小委員会を設置すると発表しました。この会見は茨城県東海村のJ-PARC(大強度陽子加速器施設)で行われたICFA の総会に合わせて開かれたもので、ムニック氏に加え、欧 州合同原子核研究機関(CERN) のファビオラ・ジャノッティ所長、米フェルミ国立加速器研究所(Fermilab)のナイジェル・ロッキアー所長、山内正則KEK 機構長の4人が出席しました。

 ジャノッティ氏は、科学に莫大なコストがかかることに関する記者の質問に対し「そもそも基礎科学は、人類全てに有益なものであり、さらにガン治療やワールド・ワイド・ウェブのような副次的なベネフィットもあります」と回答しました。


トピックス

ILC科学少年団、放送中!

 ケーブルテレビ番組「ILC 科学少年団」が放送中です。第1 シーズン最終回となる第10 話は「ILC 科学少年団卒団テスト」。4 月からは第2 シーズンがスタートします。
< 放送チャンネル/時間 >地デジ11ch /毎日7:40~、17:50~(10 分番組)

放送の実施また放送時間などに関してはお近くのケーブルテレビ局にお問合せください。
YouTube からもご覧いただけます。 https://www.youtube.com/watch?v=GYMlu4j8yQs&feature=youtu.be



お知らせ

科学技術週間KEK 施設公開、4/22 と23 に実施

 2016 年の科学技術週間は4 月18 日~ 24 日。KEK では、展示ホール公開や施設見学会、サイエンスカフェ等を企画しております。
 B ファクトリー実験施設と放射光科学研究施設を見学いただける見学ツアーは4 月22 日(金)と23 日(土)。また、サイエンスカフェ「水素を深読み!」は23 日(土)14 時30 分より開催予定です。みなさまのお越しをお待ちしております。

 見学ツアーのスケジュール等、詳細につきましては、決定次第、下記ウェブサイトに掲載いたします。

< お問い合わせ >
KEK 広報室 http://www.kek.jp/ja/PublicRelations/Events/ScienceWeek/
TEL:029-879-6047 / E-mail:proffice@kek.jp



コラム

ノーベル賞でたどる素粒子の発見物語3

中間子

 核力に関して理論的な考察を行い「中間子」の存在を予測した湯川秀樹博士は、1949 年に日本人として初のノーベル賞を受賞されました。中間子は今ではクォークと反クォークが強く結びついた粒子であることがわかっています。研究者はそれ以上細かくできない粒子のことを素粒子と呼ぶので、中間子は素粒子ではないことになります。一方、高校の教科書では、「原子核より小さい粒子のことを素粒子と呼ぶ」としており、この定義によれば原子核を構成する陽子や中性子も、また中間子も素粒子ということになります。

 湯川博士の理論は「力は粒子の交換により生じる」という考え方を初めて提唱したもので、それが今ではすべての力に適用される基本的な考え方となっています。

 原子核は陽子と中性子から成り立っています。陽子や中性子の間には、距離が一千兆分の1メートル以下ではとても強く働きますが、それ以上離れると急激に弱くなる力、「核力」が働いています。

 湯川博士は核力のこの性質を、未知の素粒子の交換として説明しました。例えば、陽子は正の電荷を持つ粒子を放出して中性子になり、その粒子を受け取った中性子は陽子に変化します。量子力学における時間とエネルギーの不確定性原理によれば、中性子より質量がやや小さい陽子が、非常に短い時間であればエネルギー保存則を破って質量を持った粒子を放出し、中性子がそれを受け取ることができます。湯川博士は核力が働くわずかな距離から粒子が交換される時間を割り出し、不確定性原理を使うことで未知の粒子の質量を電子の200 倍程度と予測しました。電子と陽子の中間の質量を持つことから、新粒子を「中間子」と呼びました。

 1947 年、写真乾板を使った宇宙線の観測で電子の質量の約300 倍の粒子が見つかり、これが湯川博士の予測した中間子であることが確認されました。



トピックス

カソクキッズ ILC特番連載中!

 KEK のウェブサイトで連載中の科学マンガ「カソクキッズ」。ILC 特番 第三話は、ILC の高品質なビームを作り出して制御するための施設、先端加速器試験施設ATF。下記からご覧いただけます。
https://www2.kek.jp/kids/comic/ilc-sp/03/index.html
カソクキッズ ILC特番連載中






編集部
より
ILC 通信各号の記事はウェブページでもご覧いただけます。紙版の送付を希望されない場合や送付先、部数の変更等がございましたら、下記「ILC 通信編集部」までご連絡下さい。今後ともご愛読いただけますようよろしくお願い申し上げます。
ページトップへ